現在のページ : トップページ

不安要素

風俗遊びが嫌いな男性というのは、かなりといっていいぐらい少ないのではないでしょうか。

人間の三大欲求の一つでもある、性欲を満たしてくれる手っ取り早く満たしてくれるところが風俗でもあるからだと感じます。

それなりに金額はかかってしまいますが、お金さえ払えば自分の好みの女性と性癖を満たすプレイができるのですから、これを利用する手はないと思えます。

ただ、楽しいだけが風俗ではないと思っていて問題はないでしょう。


やはりそれなりに「リスク」というものも伴ってくるのです。

風俗というところは夜遊びという認識を持つ人が多いはずです。

夜遊びになってきますので、それなりの不安要素は出てくるのです。

多額の金額を請求されるようなぼったくり被害や、しつこい客引き、これらも不安に感じさせる大きな要因かといえます。

他には、風俗嬢やお店側とのトラブル、もう少し身近なところだと、自分好みの女の子とプレイができなかった、というようなことも不安要素の一つでしょう。

こういった不安要素が尽きないというのも風俗の特徴になってきます。


その最たる不安の一つに、病気というものが存在してきます。

人間誰しも病気にはなりたくないものです。

病気になるということは、痛みや精神的ダメージが大きく関わってくるからです。

初対面のどこの誰だかわからない女の子と、肌と肌を合わせることになりますので、病気にかかるというリスクは拭えないものだと思えます。

こういった誰にでもある不安から、風俗遊びに対して距離を置く男性も少なくはないということがわかってきます。